ホームステイのお土産は日本の手作り作家さんの作品を🎵

ホームステイのお土産は日本の手作り作家さんの作品を🎵

ホームステイに行く子供にどんなお土産を持たせたらいいのかお悩みの方も多いことでしょう。 我が家は長女の時から、地元のアクセサリー作家さんの手作り作品を選んで購入しています。 ほら、見てください。 こんなに可愛いの〜 これは愛知県高浜市のレジン作家 木村奈々さんの手作りヘアピン。レジンの中にお花や星、月などのモチーフが素敵に埋め込まれています。

大好きなことで誰かに喜んでもらうと、更に誰かに喜んでもらえるチャンスが訪れるかもしれません!ハンバーガー講師になったお話。

大好きなことで誰かに喜んでもらうと、更に誰かに喜んでもらえるチャンスが訪れるかもしれません!ハンバーガー講師になったお話。

大好きなことで誰かに喜んでもらったら更に誰かに喜んでもらえるチャンスが訪れました。 本日、私、なんとハンバーガー講師になりました。 昨年11月、マリアさんこと柳井和子さんのお料理教室マリココで発酵の講座を受け、天然酵母をいただいたのがきっかけでパンを作るようになりました。 焼きたてパンはもちふわで病みつきになってしまい、半年以上作り続けています。 たいてい丸いパンなのでハンバーガーにして食べたり、スライスしてオープンサンドを楽しんだりしています。

人と出会えば感動が生まれる。  感動すれば言葉が育つ。今日の感動:My heart is so full.

人と出会えば感動が生まれる。 感動すれば言葉が育つ。今日の感動:My heart is so full.

言葉は人に出会って感動とともに育つものだと思っています。 感動がなければ言葉は育たず、 人に会わなければ感動はない。 人と出会い、 目の前の人を大切にし、 相手の話を聞き、 自分の心を伝える。 それが感動を生みます。 心が動けばその時の言葉は 忘れられなくなります。

ホームステイ出発まであと3週間。親子で過ごす時間に心がけようと決めたこと。

ホームステイ出発まであと3週間。親子で過ごす時間に心がけようと決めたこと。

次女がアメリカへ1年の留学のため出発するまであと3週間とちょっと。 今日は留学仲間と親が集まって直前オリエンテーションがあり、先輩たちや多言語クラブの方たち、親たちから様々な応援メッセージをもらいました。 次女は残りの時間で自分を知ってもらうための「カルタ」を手作りすると宣言。現在頑張って作業中です。日本でもアメリカでも、友達や家族と遊んでもらいながら自己紹介をするんだそうです。

ヒト任せじゃない、自分の人生にしようよー!自分で一日のスタート時間を決める。自分で起きる。

ヒト任せじゃない、自分の人生にしようよー!自分で一日のスタート時間を決める。自分で起きる。

今日のブログは、学生さん向けです。 読者さんにもしも学生さんのお子さんがいて参考になれば、お子さんとシェアいただけたら幸いです。 あなたは朝自分で起きてる? 唐突ですが、あなたは毎朝自分でベッドや布団から起き上がって来れてる? 最近、NHKのあさイチという番組で「子供を朝どう起こすか」という放送があったそうです。 「えっ、起こすか起こさないかじゃなくて、起こす前提?」という現役高校生の娘さんの発言から問題を掘り下げたこちらの トトノエルの東條真紀さんのブログ で 私の英語の例えをご紹介いただきました。

好きなことを話すと人は幸せを感じる。赤ちゃん英語で好きなことだけどんどん話そうよ。

好きなことを話すと人は幸せを感じる。赤ちゃん英語で好きなことだけどんどん話そうよ。

おうち英語の生徒さん、島根のイラストレーター 伊藤巴さん の成長が著しいのでご紹介します。 彼女はこのような可愛らしいイラストを描く方で インパクトある「ネコトバ」 こちらの面白いブログを更新中。 クリックするとブログに飛びます。右端が「ねんちゃん」こと巴さん。 彼女のレッスンが始まったのが4月中旬、6月14日はちょうど2ヶ月経過、11回目のレッスンでした。全24回ですのでもう少しで折り返し地点ですね。

丸覚えしたい!楽しくて使える、旅のシンプル英語フレーズの本

丸覚えしたい!楽しくて使える、旅のシンプル英語フレーズの本

これさえあれば! っていううたい文句の本は多くありますが、パラパラ眺めてもあまり興味が持てないものもありますよね。 そんな、数ある英語フレーズ集の中で これはヒット!と思う本を見つけたのでご紹介しますね。 CD2枚付 何でも英語で言ってみる! 旅するシンプル英語フレーズ2000 この本、見るからに楽しそうですが、 中身を見たら 本当に楽しかったんですよ〜

お母さん、英語の先生にならないでくださいね。

お母さん、英語の先生にならないでくださいね。

おうちで英語が聞こえる環境を作ろうと、 お母さんたちが楽しんで頑張ってくださっています。 私もそうだったかなあと思うところがありますが 頑張ってしまうと つい「教えてしまう」のですよね〜 なんででしょうね。 力が入ってしまって、 「教えなきゃ!」っていう魔法に かかってしまうんです。