【第2回旅のお話シェア会決定!】8/27(日)10-12時 旅先はハワイ♪

【第2回旅のお話シェア会決定!】8/27(日)10-12時 旅先はハワイ♪

7月1日、第1回マルタ共和国に引き続き、 ➳旅の話をしよう!旅の話を聞こう! 【旅のお話シェア会♪】 第2回開催日決定しました! 8月27日(日)10~12時 旅の舞台は「ハワイ」。 ハワイへ旅した方、ハワイへ行ってみたい方、どなたでも参加いただけます。 オンラインzoomを使って。 残席4名様。無料です。

【よくある質問】英単語はどうやって覚えたらいいんですか?①

【よくある質問】英単語はどうやって覚えたらいいんですか?①

Q: 英語の単語がなかなか覚えられないんです。どうやって覚えたらいいですか? A: 「あなたがどんな風にその英単語を使いたいか」をよく考えてください。それに応じて勉強の仕方を考えましょう!あなたは何のために英単語を勉強してるんですか? Q: えっと、仕事で文章を書いたり会議資料に使う時、もう少し自信を持って書けるようになりたいんです。

偶然聞こえた英語の会話、覚えて使えますか?

偶然聞こえた英語の会話、覚えて使えますか?

街でふと聞こえた英語のフレーズ。 耳に残ること、たまにはありますか? 使える英語かもしれないから、丸覚えできたら嬉しいですね!聞こえたシチュエーションごとね。 先日、おうち英語のオンラインレッスンで、 れいこさんが教えてくれたのはこんなお話です。 あるお店へ入ったら、 近くのテーブルに外国人のお客様が2人。 その一人が、英語で 「お手洗いへ行く間、ちょっと荷物を見ててもらえない?」 というようなことを言ったと思うんですよね。

あなたがおうちで英語を楽しんでると家族がこうなるかもしれません。

あなたがおうちで英語を楽しんでると家族がこうなるかもしれません。

おうちであなたが英語を楽しく聞いていると どんなことが家族に起きると思いますか? 楽しんで聞いているので、楽しそうな雰囲気で英語も聞こえてくるでしょう。 家族もその楽しげな雰囲気を敏感に察知します。 そして、「英語=楽しいもの」というイメージが作られていきます。 我が家の場合、先週のことをお話しましょう。

【佐々木十美さんのカレー】手間をかけ、時間をかけ育むもの。感謝して味わうもの。

【佐々木十美さんのカレー】手間をかけ、時間をかけ育むもの。感謝して味わうもの。

決してお料理上手ではない私ですが、 手間暇をかけて 時間をかけて 「美味しくなーれ!」と 心を込める、 まるで実験のようなお料理は大好き! これまでも ぬか漬け、甘酒、ヨーグルトなど チャレンジしたけれど こんなに手間のかかる食べ物は 初めて!! それは、 こちらの管理栄養士 佐々木十美さんのレシピの カレールウ。

幸せって作るもの?感じるもの?もっと積極的に楽しむもの?

幸せって作るもの?感じるもの?もっと積極的に楽しむもの?

先入観を壊すフォトディレクター&セールスデザイナー 森 友亜(もり ともえ)さんのブログ Feel Happy!! 感じよう!気付きの心を大切に に素敵な言葉があって、私は「幸せ」についてちょっと深く考えることができました。 結論から書くと、 私自身は、楽しいコトは幸せと同じで 感じるコトなんじゃないかなーと思ってます。 探し求めていくものというよりはね。 何かその事象があってそのことが 楽しかったり幸せそのものしてくれるわけじゃなくて それを楽しいと感じるか… そのことを幸せと感じるか… ってことじゃないかなと。

【よくある質問】ディーナさんの旦那さんは外国の方なんですか?

【よくある質問】ディーナさんの旦那さんは外国の方なんですか?

ディーナという名前の印象からでしょうか、最近こう聞かれることが増えました。 Q:「ディーナさんの旦那さんは外国の方なんですか?」 A:「いいえ、純粋な日本人、愛知県民です(笑)」 ほらね。 こんな風貌ですよ。 日本人にしか見えないでしょ!って思いますが、、、 あ、もしかして、 フィリピンとか? 韓国や中国とか? ペルーとか? そう見えたのかな? どう見てもアメリカ人とかヨーロッパ系には見えないですよね?

【無料モニターお客様の声】オンラインおうち英語レッスンってどんなことするの?

【無料モニターお客様の声】オンラインおうち英語レッスンってどんなことするの?

先日、オンラインおうち英語レッスンを受講された砂田節子さんから感想をいただきました。 おうち英語レッスンってどんなことするの?と思われている方もいらっしゃると思い、シェアさせていただきますね。 英語、どうにかしたいと思っていて、モニターを受けて、 英語で仕事をするわけではなく、 コミュニケーションができるようにないたいと思っている私。 お勉強ではなかなか頭に入っていかないお年頃でもあるので、 楽しみながら英語に親しんでいく方法がやっぱり一番という結果になりました。