「 算数・数学 」一覧

ルド先生のわかりやすい算数のお話【速さ・時間・距離】単位をそろえてどっちが速いか確かめてみよう!

ルド先生のわかりやすい算数のお話【速さ・時間・距離】単位をそろえてどっちが速いか確かめてみよう!

全国のルド先生ファンの方々、お待たせいたしました! 算数できない私 ディーちゃんがまた旦那さんのルド先生に教えてもらいました! 今回は、時速と分速は比べられないから時速にそろえて比べてみようってお話だよ。 今回もディーちゃんはよくわかりました!笑

ルド先生のわかりやすい算数のお話【速さ・時間・距離】速さってどう計算するんだっけ?

ルド先生のわかりやすい算数のお話【速さ・時間・距離】速さってどう計算するんだっけ?

算数できない私 ディーちゃんが速さの計算を旦那さんのルド先生に教えてもらいました! 速さは例えば「50キロ」ってよく言っちゃうけど、本当は速さの単位は「キロ」じゃないんだよねえ〜。 小学生のみんな、速さの単位、知ってる? 速さの計算、どうやってするんだっけ? あー!そういうことか〜!ってなんだかわかりやすかったよ。

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.010 【割合】

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.010 【割合】

みんなは算数のどの項目が苦手? ちょっとネットで調べてみたんだけど、割合って答える子が多いんだって。 みんなもそう? だからって訳ではないんだけど、今回は割合の話をするね。 例えばこんな問題 「ある飛行機に376人乗っています。 この人数は、飛行機の定員の0.94倍(この数字が割合ね)にあたります。 この飛行機の定員は何人ですか?」 なんて問題。

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.009 【鶴亀算 方程式で解く方法】

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.009 【鶴亀算 方程式で解く方法】

今回も「SPI試験」から、こんな問題をやってみよう。 【問題】 「1本120円のボールペンと1本30円の鉛筆をあわせて10本買ったところ、合計金額は660円であった。ボールペンは何本買ったか?」 という問題を「表を書いて解く」のは前回にやったよね。 実は先回やった「表を書いて解く」という方法は、解き方を理解してもらうには とてもいい方法なのだけど、ちょっと面倒くさいのが難点なんだ。

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.008 【鶴亀算】

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.008 【鶴亀算】

今回も「SPI試験」から、こんな問題をやってみよう。 【問題】 「1本120円のボールペンと1本30円の鉛筆をあわせて10本買ったところ、合計金額は660円であった。ボールペンは何本買ったか?」 なぜ、この問題を鶴亀算っていうの? って思った君! そうだね、そういう疑問は大事。 鶴亀算というのは2種類の異なるものの合計数がわかっていて、それぞれの数が不明の問題を、そう呼ぶんだ。

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.007 【 仕事算】

ルド先生の解りやすい算数のお話 No.007 【 仕事算】

前回No.006の回で 【問題】 「ある仕事をPさんが1人ですると12日かかり、同じ仕事をQさんが1人ですると6日かかる。2人でこの仕事をすると、何日で終わらせることができるか?」 という問題で、次の回は同じ問題を 「全体を1と考える」という考え方で解いてみるね。 という話をしたよね。 だから、今回はその説明をするね。