気持ちが分からなくてゴメン。せかしてゴメン。失敗から学ぶママ修行18年目

先日、イベントでドイツのスタンプで「スタンプ屋さん」という絵葉書作り体験をしてもらった時のこと。

201605281

ある親子がやってきて、娘さん2人に体験させたいと5歳と3歳くらいの姉妹を預けてママはよそのブースへお出かけしていた。

姉妹はとても楽しそうにスタンプを押し、色塗りをし、思うままに絵葉書を作っていた。
ママが帰ってきた時、なぜか妹は手にハサミを持ち、ハガキの隅を三角に切り落とさんばかりにジョキジョキ!切っている最中だった。

私は思わず、「えっ?どうして切っちゃうの?ちょっと待って!」と慌てて言ってしまった。

するとその子は、ハッとした顔になり、うぇ~んと泣きだしてしまった。
ママにしがみついている。

私「あ~、こんなところにハサミがあったからね~。切りたくなっちゃったんだよね。」

女の子「・・・」

ママ「なんで切っちゃうの?ダメじゃん。あーあ、裏からテープはるしかないかな。」

女の子「うぇーん」「やだー!もう一枚ほしい!」

ママ「だめだよ~。一人一枚何だから。もうお金払っちゃったし。いいじゃん、これで。ね?」

女の子「やだーーーー!」

ママ「ん、もう~。誰が悪いの?○○ちゃん、自分で切ったんでしょ?じゃあしょうがないじゃん。」

女の子「やだーーーーーーー!!!」

そこへパパ登場。

パパ「どうしたの?なに泣いてるの?」

ママ「○○がね、ハサミでいきなり切っちゃって。別の紙が欲しいっていってるの。」

パパ「自分で切ったんだろ?しょうがないわ。○○ちゃん、誰が悪いの?」

女の子「う、うぇーーーん」

私「いいよ、もう一枚あげる。ペンと一緒にハサミを置いといたおばちゃんが悪いもんね~。はい、どうぞ」

ママ「すみません、いいんですか?」

私「はい、どうぞ。」

ママ「よかったね、○○ちゃん。でも、早くしてよ!」

こんな光景、私もよく遭遇したな~

そして、このママと全く同じこと言ってたなぁ。しみじみと自分の未熟さを今頃になって知ったのだった。

子供たちは、いや、大人だって誰だって間違えることはある。
間違えたっていいし、それが悪いことなんかじゃない。
やり直したらいいだけのこと。

やり直すには、そこで気持ちを立て直すことが必要なんだ。
親がそばで見ていたなら、大きな気持ちで笑って見守ってあげるだけ。
子供の気持ちを理解することなんて簡単なのになぁ。

どうして当時はゆっくり見守ってあげられなかったんだろう。
子供を責めるばっかりで。
私、このママと全く同じだったな。

そして、今はどうして子供の気持ちが分かるんだろう?
自分の娘が成長してしまってから気づくなんて、遅すぎるよ。
初めての子育てだって、余裕をもって見守れるママでいたかったなぁ。

きっと人間は失敗と反省からしか学べないのだろう。
自分が失敗しなければ気づかないことばかり。
ママ修行18年目。まだまだ途中だな^^

大きな気持ちで笑って見守る。

私の修行はまだまだ続く。

いよいよ明日、かさこ塾フェスタへお邪魔します!
私はセルフマガジンのコーナーで少しお手伝いさせていただきます。
午前中、お越しの方は是非お声をかけてください。
お待ちしてます!

好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ 
好きで好きでたまらないことを紹介してくれる方が49名も勢ぞろいします。
興味ある方、ご一緒にワクワクしに行きませんか?

生きた英語をお子さんにつけさせたいパパ・ママのための こども英語相談カフェ
5月29日15-17時、東京 飯田橋周辺または東京駅周辺。
相談無料。ご自身の飲食代のみのご負担。
2~3名の少人数制で気軽にご相談いただけます。

お申込みはこちらまで。info@global-labo.com 「こども英語相談」とお書きください。

Facebook ディーナ 新美
https://www.facebook.com/genius.laboratory
(お友達申請はお気軽に。一言メッセージ添えてくださいね!)

グローバル子育てラボ Facebookページ
https://www.facebook.com/global.kosodate/

Twitterはこちら
http://twitter.com/dena87orange

http://twitter.com/Global_labo

無料ニュースレターも読んでみる

無料ニュースレターも読んでみる

学校英語が楽しくなる!パパ・ママがおうちでできる!

グローバル子育てメール講座


お名前(名字のみ

メールアドレス  


※解除はいつでも可能です。

フォローする