「頑張って!」を押しつけてゴメン。失敗からのママ修行18年目継続中。

人生、常に修行だなといつも思う。
ある本によれば、修行に真剣に取り組んでいる人はなかなか天に召されず、いい加減な人はお迎えが早く来るのだそうだ。それならば、命があるということは、真剣な部類だと神様に評価いただいていることになる。心して真剣に取り組まなくちゃ。

さて、今日も私のママ修行失敗懺悔。何か、若いママさんのお役に立てればこんなに嬉しいことはない。

私はとにかく頑張る子だったので(どうしてそうなったのかは不明。育てられ方とか環境とかのせいにしたくはないと思っている)子供たちにも「頑張ること」がよいことだと思って接してきてしまった。

何がよいのかなんて、大人になった今でも分からないことなのに。若い時にはもっと分からなかっただろうに。あの自信はどこから来たんだ?

価値観は親子といえど、人それぞれなのに。幼いうちにどれだけ押しつけてしまったのだろう。

「運動会の練習頑張ってね!」
「一生懸命頑張ったね、偉いね!」
「頑張ったから上手にできたね~。すごかったよ。」

なんてずーっと言ってきた。

今思うと、「頑張らなきゃいけない」という刷り込みをしてしまったのではないか、と反省している。

確かに娘二人は頑張る子になっているんだけれど、果たしてそれでいいと本人たちは思っているのだろうか?

何でもかんでも頑張ることが苦痛になっていないだろうか?頑張って成果が出てもすぐに出なくても、人生楽しんで過ごしていけるだろうか?

頑張りたい!と思えることを自分で見つけてほしい。親が決めるのではなく、誰かの意見でもなく、紛れもない自分の力で。

自分で選んだことをあきらめずに追い求め続けること。それが本当の「頑張る」ってことなのかも知れないな。

きっととても楽しいことなんだろうね。

親が「頑張って!」なんて言うのは間違ってるよね。言わなくても全力で頑張るんだろうから。

応援するよ、あなたたちを。

いつまでも。

無料ニュースレターも読んでみる

無料ニュースレターも読んでみる

学校英語が楽しくなる!パパ・ママがおうちでできる!

グローバル子育てメール講座


お名前(名字のみ

メールアドレス  


※解除はいつでも可能です。

フォローする